////////margin////////

プロジェクトの詳細

タイトル

寄付型国内貢献


市民活動がわかる!見つかる!ボランティア図鑑をつくりたい!

このプロジェクトについての詳細は、公開元のサイトで直接ご確認ください。


公開元のサイトで確認する

詳細データ


立案者岸 幹人(出雲市総合ボランティアセンター運営委員会) 目標金額500,000 支援額323,000円
残り日数募集終了 達成率64% サポーター数7人
このプロジェクトは終了しています。

過去の推移


各種ランキング



////////margin////////

オススメの類似プロジェクト


left
26

1,000人の心に寄り添ったセラピー犬の後継犬を迎えたい!

0%

0円

READY FOR?


11

「食品添加物、保存料無添加・常温保存1年」携帯に最適なヘルシーフード

0%

0円

Makuake


9

「神の手」と称された伝説のおっさんが広尾・天現寺にお好み焼きのお店をオープン!

40%

201,000円

Makuake


8

韓国の時計製造職人が作った、東洋的な曲線美のある腕時計「HARRIOT」

0%

0円

Makuake


14

Gem Photo BABY~宝石に輝く大切な記憶

0%

0円

Makuake


9

着物で猛暑を快適に過ごす!「極楽 帯枕」・「極楽 ウエストヒップ補正パット」

0%

0円

Makuake


25

「絵本文化」を発信する拠点に!剣淵町に絵本カフェを開きたい!

0%

0円

READY FOR?


26

犠牲者約8万人。負の歴史『満蒙開拓』を次世代へ届けるために。

0%

0円

READY FOR?


22

障害を超えて誰もがスポーツのワクワクを共有できるシステムを!

1%

?円

READY FOR?


24

8年間ひたむきに走り続けた「笑顔バス」に新たな生命を灯したい

0%

0円

READY FOR?


27

現役医師の挑戦!外科医業界が抱える課題を解決する書籍を出版!

6%

30,000円

READY FOR?


24

北海道制覇と三地区1勝のために。強豪との試合遠征を実現したい

0%

0円

READY FOR?


15

きっと、みんなが笑顔になる。もっと、九州が大好きになる。自然素材の七穀パスタ!

3%

30,000円

CAMPFIRE


11

交流と学びのECイベント「ZOE祭 2019」を開催します!

3%

15,000円

CAMPFIRE


24

現役高校生がプロデュース!天然美髪成分配合のいちごシャンプー

0%

0円

READY FOR?


13

Ice Time Podcastフィギュアスケート関連者の生の声を日英で世界中に伝えたい!

0%

0円

ACT NOW


16

最高級のプロテインを扱った『移動販売プロテインスムージー』 オープン!

0%

3,000円

CAMPFIRE


8

【出会いから共同生活まで!】オリジナル婚活イベントを開催したい!

1%

27,000円

CAMPFIRE


16

音楽は文化の壁を越える!米オーケストラと合同演奏で関西を盛り上げる市民楽団の挑戦

13%

69,000円

CAMPFIRE


12

音楽×映像×インタラクティブのライブショーを開催したい!!!

42%

341,500円

CAMPFIRE


23

病気療養から10年、個展を実現し、生きる喜びを分かち合いたい

20%

102,000円

READY FOR?


18

偏執狂短編集Paranoia Papers再び!類を見ない過激な表現を含む大人のエンターテインメント!

150%

1,221,600円

MotionGallery


8

須磨邦雄(美狂乱) 新作CD制作プロジェクト

27%

135,000円

CAMPFIRE


7

焼肉中毒女子が作る焼肉オンラインサロン!

0%

0円

CAMPFIRE


8

☆日本一の園庭を作りたい!☆すべての子に平等な遊び・学びの場を提供するために

5%

610,000円

CAMPFIRE


11

複数端末間での“音楽同時再生”で会話のきっかけを作るアプリ『MixPlayer』

1%

5,500円

CAMPFIRE


11

リハビリ治療×リラクゼーション 根本を治す治療で地域の健康を支える癒しの空間に。

0%

0円

CAMPFIRE


13

「寿司」の敷居の高いイメージを壊して、あったかくて楽しい「おすしと和食」の世界を実現したい!

109%

945,001円

MotionGallery


24

誰もが自由に移動できる社会を実現する車椅子のバイクを広めたい

0%

2,000円

READY FOR?


6

『LAの日本を盛り上げたい!』4/13にある日系人イベントの支援をお願いします!

0%

0円

CAMPFIRE


11

90日で自分が好きになり、幸せと夢を引き寄せる魔法のノートを全国に

6%

144,555円

CAMPFIRE


13

野生ジャコウネコ産コピルアック珈琲で日常を離れ一緒に冒険の旅に行きましょう!

0%

0円

CAMPFIRE



right
////////margin////////

このプロジェクトに関する口コミ

まだ投稿されていません。
////////margin////////

▼口コミ投稿フォーム

名前
評価
本文
 

■迷惑行為対策のため、スパム行為等の口コミは削除致します。また、同じ方からの連続投稿や内容の薄い口コミ、誹謗中傷や名誉毀損になり得るものも削除する場合がございます。

支援額

サポーター

アクセス

新着口コミ

2019.3.9

ゲームの遊び方動画です。 https://youtu.be/UU3Y-zYbU1o

サメポリー ムービー・シャークアタックシティ

2019.3.5

クラウドファンディングはいい面ばかりではない。過去にはさまざまなトラブルも起きており、専門家は「日本のクラウドファンディングには問題点が多々ある」と指摘する。それはなぜか。 ●「クラウドファンディング=寄付」は間違い‼︎ そもそも、クラウドファンディング(以下、CF)とは、「群衆(crowd)」と「資金調達(funding)」を組み合わせた造語だ。 仕組みは簡単で、「立案者」がネットを介して実現させたいプロジェクトを社会に発信し、不特定多数の「出資者」から資金を調達するというもの。アイデアさえあれば、誰もがプロジェクトを立案することが可能で、プロジェクトへの出資は数千円単位の小口から設定されるものも多いことから、立案者にとっても出資者にとっても気軽に参加できる仕組みとなっている。 日本では11年にスタートした「Readyfor(レディーフォー)」を皮切りに、今では「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」「Makuake(マクアケ)」など、多くのCFサイトが登場している。 しかし、日本におけるCF研究の第一人者で戦略コンサルタントの板越ジョージ氏は、「日本のCFは、その可能性を妨げてしまうような問題点が数多くあるのも事実です」と指摘する。 まず問題なのは、日本ではCFの仕組みに対する理解が根本的に不足していることだという。 「日本で現在行われているCFは、そのほとんどが『購入型』です。ところが、東日本大震災後、当時は震災復興系のプロジェクトが多かったこともあり、日本ではCFに寄付的なイメージを持つ人が多い。しかし、『CF=寄付』というのはまったくの誤解です」 CFプロジェクトは、主に「寄付型」「購入型」「金融型」の3種類に区分される。 「寄付型」は資金を募るだけで、出資の対価はない。「購入型」は、新製品などの開発資金を提供し、完成した際に製品を受け取ることができるというもの。たとえば、『えんとつ町のプペル』の展覧会は3000円を出資すれば似顔絵入りの絵本が贈呈され、『この世界の片隅に』ではエンドロールに名前が載るなど、モノやサービスによる対価がリターンとして提供されるのが特徴だ。 そして、「金融型」の場合、プロジェクトが成功して得た利益を分配するなどという、本来のファンディングに近いスタイルだ。現状、日本のみならず世界では、クラウドファンディング=「購入型」が一般的である。 ●大炎上した女子大生の世界一周プロジェクト(某君に似てるタイプ例) CFに対する誤解の典型的な事例を紹介しよう。15年、「スケッチブックを持って世界一周し、発展途上国の子供たちに夢を描いてもらって『夢のバトン』をつなげる」というCFプロジェクトが「CAMPFIRE」で公開された。 立案者の女子大生は、旅の費用やカメラ代などの資金をCFで集める代わりに、旅先から持ち帰ったスケッチブックのコピーをリターンに設定。しかし、この企画には「他人から集めた金で世界一周したいだけ」などと批判が殺到して大炎上、プロジェクトは中止に追い込まれた。 「プロジェクトには、出資者に対する『魅力的でお得感のあるリターン』を用意することが不可欠です。この炎上騒動の原因は、立案者がCFを『手段』ではなく『目的』と履き違えていたことが原因です」 CFサイトで公開されるプロジェクトは、各サイトが独自の“審査”を行っている。事業者の信用性はもちろん、きちんとリターンを提供できるか、プロジェクトを完遂することができるのか、といった点がポイントになるという。 出資者はCFサイトの審査を信用するしかないが、現実には女子大生のケースのような不透明なプロジェクトも横行してしまっているのが実態だ。さらに、CFの認知度向上に伴ってCFサイトは過当競争に突入しており、その審査基準はどんどん緩くなってきているという。 「今、日本のCFは社会基盤として根付いていくかどうかの重要な時期だと思います。ここで未熟なプロジェクトが増えてしまうと、CFに対するイメージが悪くなり、参加人口も減っていってしまうという懸念があります」 実際、アメリカでは「CF詐欺」も発生しており、裁判沙汰になった例もある。とはいえ、悪質なプロジェクトに出資して約束のリターンを受け取れなかったとしても、基本的にCFサイトが責任を負うことはない。 CFサイトは、あくまで投資の「場」を提供しているだけであり、出資には自己責任が求められる。万が一、自分が出資したプロジェクトが詐欺だったとしても、自力で解決しなくてはならないという。 クリエイターが投資を募る方法としてはそれなりに有効なCFだが、出資する側は、それ相応の責任やリスクがあることを肝に銘じておいたほうがよさそうだ。

【刹那の美】旅するプロサーファー高貫佑麻が世界中の美しい瞬間をお届けしたい!

Facebook

お問い合わせ

広告掲載の申し込みもこちらから。

スマートフォン版CF:NAVI

スマホ専用ページもご用意しております。

こちらのQRコードをご利用ください。


////////margin////////

このページの
トップへ戻る